株主・投資家の皆様へ

中期経営計画

当社は、2020年~2022年度までの3年間を計画期間とする中期経営計画「Beyond the Border」を策定いたしました。

"Best route to 2020"について

<スローガン>住宅ローン保証事業におけるトップ地位確立

当社は、前中期経営計画「Best route to 2020」において、「住宅ローン保証事業におけるトップ地位確立」をスローガンに、保証債務残高を着実に伸ばし、事業規模を拡大してきました。
新中期経営計画では、住宅ローン残高シェア10%に向け、保証債務残高16.8兆円の達成を目標に、各種施策に取り組んでまいります。

基本方針・戦略

1 事業規模拡大
 保証債務残高増加による事業規模拡大
①提携金融機関との関係強化
②既存住宅ローン市場へのアプローチ
③新規チャネル開拓
2 事業領域拡大
 事業領域の拡大による収益源の多様化
①子会社を活用したグループ収益源の拡大
②新規事業への参入(収益源の多様化)
③信用保証事業の海外展開について検討開始
3 企業価値向上
 企業価値の向上
①非財務情報の充実(ESG課題、SDGsへの取り組み)
②経営資源の有効活用
③業務の効率化推進

主要計画数値

1.計数計画
  2021年3月期
(第41期)
計画
2022年3月期
(第42期)
計画
2023年3月期
(第43期)
計画
保証債務残高 14兆8,400億円 15兆8,570億円 16兆8,340億円
新規保証実行件数 71,000件 72,000件 73,000件
2.収益計画・KPI

(単位:百万円)

  2021年3月期
(第41期)
計画
2022年3月期
(第42期)
計画
2023年3月期
(第43期)
計画
営業収益 47,580 50,310 53,000
営業利益 36,350 38,350 40,250
経常利益 36,870 38,970 41,050
当期純利益 25,480 26,930 28,370
EPS(1株当たり純利益) 370.42円 391.52円 412.45円
配当性向 30% 33% 35%
DOE(株主資本配当率) 4.6% 4.8% 4.9%

PAGE TOP
文字の大きさ:小 文字の大きさ:中 文字の大きさ:大