株主・投資家の皆様へ

中期経営計画

当社は、2017年~2019年度までの3年間を計画期間とする中期経営計画「Best route to 2020」を策定いたしました。

"Best route to 2020"について

<スローガン>住宅ローン保証事業におけるトップ地位確立

当社は、前中期経営計画「 make good “TEN” 」において、事業規模の拡大を推進した結果、銀行業態の提携先増加、保証債務残高10兆円の達成を実現してまいりました。

本中期経営計画では、今までに築き上げてきた事業基盤とネットワークを最大限に活用することにより、地域社会の発展に貢献し、住宅ローン保証会社としてトップたる地位確立を目指し、各種施策に取り組んでまいります。

中期経営計画の変遷

基本方針・戦略

Ⅰ.事業規模の拡大/1.未提携金融機関との新規契約締結 2.金融機関との関係強化に向けた付加価値向上の取り組み 3.業務効率化による収益性の向上 Ⅱ.企業価値の向上/1.活力ある企業風土の醸成(働き方改革、新人事制度、新評価制度) 2.システム利用による業務の効率化推進 3.内部統制システムの機能強化・充実 4.財務基盤・株主還元の強化 Ⅲ.事業領域の拡大(長期的課題)/1.本業と相乗効果のあるビジネスモデルの模索・検討 2.M&A等による事業領域の拡大を検討

主要計画数値

1.計数計画
  2018年3月期
(第38期)
計画
2019年3月期
(第39期)
計画
2020年3月期
(第40期)
計画
保証債務残高 11兆7,660億円 12兆6,420億円 13兆5,370億円
新規保証実行件数 74,000件 77,500件 81,500件
※民間金融機関住宅ローン保証
2.損益計画

(単位:百万円)

  2018年3月期
(第38期)
計画
2019年3月期
(第39期)
計画
2020年3月期
(第40期)
計画
営業収益 38,230 41,630 45,100
営業利益 28,790 31,040 33,510
経常利益 29,570 31,940 34,410
当期純利益 20,350 21,990 23,690
ROE 19.5% 18.2% 17.1%

PAGE TOP
文字の大きさ:小 文字の大きさ:中 文字の大きさ:大